お知らせとご案内

 1月30日、子供たちに地元産の「秋田錦牛」のおいしさを知ってもらおうと給食の献立に取り入れ、すき焼きとして提供しました。この日、大住小学校では、児童563人が全校放送で当組合の加藤組合長から説明を受けた後、「秋田錦牛」で作ったすき焼きを味わいました。
 「おいしい」や「今度は違う献立で食べてみたい」、「脂ののりが良い」といった、専門的な意見も出ました。
P1300107.JPG
P1300108.JPG



2017.10.31 広報第38号


2017.07.31 広報第37号


2017.04.28 広報第36号


秋田市では1月24日、地元食材の関心を高めてもらおうと、食育に関する市の課題研究推進校に指定されている、飯島南小学校と上新城小学校の両校において今年も「秋田錦牛」を使った給食会が行われました。
給食では「秋田錦牛」使ったすき焼きを堪能し児童からは、「柔らかくて美味しい」「油が物凄く甘い」「噛むほどに味が出る」といった感想も。
児童らが美味しそうに食べているのを見ているとこっちまでうれしくなりますねP1240004.JPG


2017.01.31 広報第35号


2016.11.09 広報第34号


2016.07.29 広報第33号


2016.04.28 広報32号



ページの先頭にもどる